医療法人社団 千秋会 田中脳神経外科病院 TANAKA NEUROSURGICAL HOSPITAL

薬剤科

2020年12月

薬剤科では現在、常勤2名・非常勤2名の薬剤師で業務を行い、服薬指導、調剤業務(注射・内服・外用)、医薬品情報業務(DI業務)を行っています。

服薬指導

入院患者さんに適切な薬剤での治療が行われ且つ患者さんに安心して治療に専念して頂けるよう医師、看護師を含む他部署と綿密に連携して服薬指導業務を行っています。
また、それぞれの患者さんに1週間に1回はベットサイドで患者さんのアドヒアランスの向上(治療そのものに患者さんが深く関与、意思決定する)のために、副作用確認、治療薬剤の説明等を行っています。退院時には家族や施設の方にも情報提供することで副作用の発現をいち早く見つけられる様に努めています。

薬剤部の様子

調剤業務

医師の処方箋に基づき電子カルテにて処方内容の確認を行い必要に応じて医師に問い合わせや処方提案を行います。持参されたお薬が無くなった際にも患者さんが戸惑うことが無いように処方の切り替えがスムーズに行くように情報共有を行っています。
ひと月の院内処方箋枚数は約800枚、外来の処方箋はほぼ100%院外処方になっています。

薬剤部の様子

医薬品情報業務

医薬品情報業務とは、医薬品の情報収集・情報発信を行う業務です。
全ての患者さんに医薬品を適正に使用するために、薬剤情報を収集し定期的に院内に周知するための回覧を行っています。
また、院内で起こった医薬品による副作用の情報を出来るだけ薬局に集約し製薬会社に迅速に報告したのち聞き取り調査に応じています。

薬剤部の様子

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL 03-3920-6263

医療法人社団 千秋会 田中脳神経外科病院

〒177-0053 東京都練馬区関町南3-9-23